リフォームのチラシ、ホームページ制作ならチームカスガイへ

電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
  • 電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
  • 電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
  • メールでのお問い合わせは24時間受付中!

たった1つのツッコミでチラシ改善

たった1つのツッコミでチラシ改善

超カンタン!誰でもできる!

たった1つのツッコミでチラシ改善できる方法をご紹介します。

お客様がチラシがら求める情報とは?

あなたはチラシを作る際、どのように作っていますか?

 

『今回はこの商品を売りたいからこれを掲載して…』

 

『利益率の高い商品を掲載して…』

 

『ここが自社のアピールポイントだからこれを載せて…』

 

このように『売りたい商品』『自社のアピールポイント』をまず掲載して…と考えていませんか?

この方法は決して『悪い』というわけではありません。

しかし、『お客様が本当に求めていることなのか?』を改めて見直してみてください。

 

どうすれば相談してみようと思われるか?

私は、パソコンや家電、カメラにうといのですが、家電量販店に行って相談する際、難しい言葉や知らないこと、必要としていない機能を詳しく説明してきたりと、気持ちよくスムーズに買い物ができた経験があまりありません。

自分のことを一方的に話す人に対して、『好感』が持てるか?

なかなか好感が持てるという人はいないと思います。

好感が持てない相手に『相談してみよう』『依頼してみよう』とはならないですよね。

では、チラシを作る際や、現状のチラシを改善するために、自分本位のチラシにしないために、どうすれば良いのか?

 

「だれの目線から見た情報か」を考えることが重要

そこで、良い方法があります。

全ての項目に対して

 

『誰目線やねん!』

 

とツッコミを入れてください。

その返答が、『自社目線の内容』なのか?『お客様目線の内容』なのか?

※このとき、お客様を実際にいる方(ターゲット)を頭に浮かべておいてください。

 

例えば、業界の専門用語に対して『誰目線やねん!』と…。
その専門用語が一般的に使われているものなのかどうか。一般的に使われていて、思い浮かべるお客様もわかるようであれば問題ありませんが、そうでなければ、わかりやすい言葉に変える必要があります。

また、『雰囲気・見た目・カッコよさ』を重視するあまり、『英語を使う』場合があります。

ここでもツッコミを入れてみて下さい。

 

『SALE(セール)』

 

は見慣れて入れまだわかりやすいと思います。しかし

 

『campaign(キャンペーン)』

 

はどうでしょうか?

 

『kitchen(キッチン)』

 

はどうでしょうか?では、

 

『before/after』

 

はどうでしょうか?

 

上記の例は『言葉』ですが、『サービス内容』でも同じことが言えます。

本来、興味を引く内容が書いてあったとしても、伝わらなければ気付いてももらえません。

 

さいごに

一度遊び半分の気持ちで、『あなたのチラシ』や『他社のチラシ』でもいいのでやってみてください。

 

何か改善のキッカケなど、発見してもらえると幸いです。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね!