リフォームのチラシ、ホームページ制作ならチームカスガイへ

電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
  • 電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
  • 電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
  • メールでのお問い合わせは24時間受付中!

住宅リフォーム業界のターゲット層

住宅リフォーム業界のターゲット層

リフォーム業界の利用者層は、中高年層が圧倒的に多いといわれています。

その背景には、一般的に30代~40代に新築の住宅を購入し、経年劣化による細かいリフォームを除くと、本格的なリフォームを検討するのは、築20年前後が多く、30代~40代に住宅を購入した世代が、40代~70代になり、所得が安定したり、年齢やライフスタイルが変化する中で、リフォームを検討する消費者が多くなってくることが考えられます。

住まいを修復のためのリフォームをはじめ、耐震リフォーム、高齢化に合わせた介護リフォームなど、今後のライフスタイルに合わせた大規模なリフォームも多くあります。

中高齢者層をターゲットにした効果的な販促

住宅リフォームのは中高齢者層において需要が高くなるため、住宅リフォーム業界では、中高齢者層をいち早く取り込んでいくことが、今後もっとも重要な課題と言えます。

前述にも述べたとおり、リフォーム業界は中高年層が多いという背景があるため、中高年層の購読者の多い折込チラシを利用した販促は、まだまだ効果的です。

折込チラシは、指定した地域に配布したり、告知したり、定期的に配布することができ、店舗近くのお客様などに知ってもらうには効果的な媒体です。

リフォーム業界において、地域の方に認知してもらえるということは、とても重要です。

増えてきている中古住宅のリフォーム

最近では、前述以外にも、増えてきているリフォーム需要の1つとして、中古住宅を購入し、その際に、大規模リフォームを行い、理想の住まいに住むといったケースが増えてきています。

新築住宅の減少と中古住宅リフォームの増加

現在、新築着工件数は減少しつつあり、2015年度には、消費税の駆け込み需要で約95万戸となるものの、2020年度の新設住宅着工戸数は75万戸、2030年度には53万戸にまで減少するとも言われています。

中古住宅をリフォームする需要が増えている理由の一つに、中古住宅を購入する場合、新築より1000万円以上も安価になる場合もあり、限られた予算の中で、希望の立地条件や、広さをできるだけ妥協しないよう、中古物件を購入し、自分の理想の住まいへ大規模リフォーム(広さや程度によりますが500~700万円程度)をして住むという方も増えています。

中古住宅をリフォームする方に効果的な販促

中古住宅をリフォームして、新築のようにして住むという方は、リフォーム業界のターゲット層と比べると、年齢層も若いため、新聞折込だけでなく、インターネットなども利用し、あらかじめリフォームについての情報収集や比較をしていることも多いと考えられます。

インターネットを利用して、情報収集を行う消費者は今後も増えると考えられます。

そして、まだまだリフォーム業界ではホームページを“ただもっているだけ”になってしまっている状態の企業様も多くあります。
WEBで集客を行うには、大手も零細企業も関係なく、ホームページに掲載されている情報のみで、比較されてしまうことも多いため、しっかりとした情報を伝え、競合よりいいイメージをもってもらえるように施策を練っていく必要があるでしょう。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね!