リフォームのチラシ、ホームページ制作ならチームカスガイへ

電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
  • 電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
  • 電話でのお問い合わせは078-261-9504まで
  • メールでのお問い合わせは24時間受付中!

新聞折込チラシの「メリット」「デメリット」

新聞折込チラシの「メリット」「デメリット」

この記事では、折込チラシのメリットとデメリットをご紹介しています。

新聞折込チラシのメリット

折込チラシのメリットには以下のようなものがあげられます。

近隣の方に向けて情報発信できる

折込チラシの特徴は、ずばり“近隣住民の方に向けて情報が発信できる”という点にあります。

実際、店舗などの誘致を目的とする業種の多くは、近隣に住んでいる方がメインのターゲットになります。

地域へ広告販促ができるというのは、地域に密着した“新聞折込ならではの販促方法”であり、大きなメリットです。

たとえば、リフォーム会社を例にあげると“困ったことがあった時に、すぐ会える距離”というのも、集客において大事なポイントになるでしょう。

新聞折込とポスティングとの違い

折込チラシは、狙った地域に折り込み、情報を発信できるツールとして、効果的な販促と言えます。

他にも、地域に販促をするという点では、ポスティングなどの販促方法でも地域に向けて販促することが出来ます。

しかし、ポスティングよりも新聞折込の方が1枚当たり費用的には安くなるため、折込チラシの方がより低コストで、多くの家庭へチラシを届けることが出来ます

効果的に配布できれば、地域のお客様に向けて、折込チラシは、ポスティングに比べ効率よく販促を行うことが出来る媒体と言えます。

信用性がある

折込チラシは、新聞に折り込まれて届きます。

折込前には、広告的な基準から、禁止事項に内容が触れていないかどうかを、新聞販売店でチェックされている為、折り込まれるチラシの内容には信憑性があると言えます。

※新聞販売店により基準に差があります。

保存性に優れている

折込チラシは保存性に優れている媒体と言えます。保存性に優れていると、再びチラシを読み返したり、手元に置いておくことが出来ますし、新聞に折り込まれて購読者の手元に届き、紙なので携帯性にも優れていると言えます。

クーポンや、イベントチラシの来場特典の引き換えチケットなどをチラシのデザインに盛り込み、紙面の見せ方を工夫することで、さらにチラシの保存性は高めることができます。

即効性がある

折込チラシは、折り込み日を指定でき、短期間で一気に配布することが出来ます。

そのため、イベント前や、売り出し日の当日を狙って、告知したい情報を発信できる為、消費行動に直結しやすく、狙ったタイミングに合わせた集客が可能になります。

即効性に優れているとは、折込チラシが読者の手元に直接届くことで、消費行動に直結しやすく、届いた日から数日でのアクションも期待でき、非常に即効性のある販促媒体といえます。

折込チラシが、消費行動に直結しやすい理由としては、家に直接チラシが届くことで、“紙面を家でじっくり見られる”ことや “気になった紙面はとっておいて、後で家族と相談して決断できる”などの理由から、消費行動につながりやすいと考えられます。

主婦層・ファミリー層・高齢者層へのリーチ率が高い媒体である

新聞購読をしている購読者層は、主婦層やファミリー層が多い為、主婦層やファミリー層が多く、地域性のある店舗やサービスなどは特に、効率よく販促できる媒体です。

インターネットが発達した現代では、新聞の購読者の減少や、若年層の新聞離れという事が言われていますが、やはり、新聞媒体の情報は信頼性もあり、新聞は、社会の動きを知るための情報源として欠かせない媒体です。

このように新聞の信頼性、地域性、即効性などの特徴を考慮すると、新聞に折り込まれる折込チラシは、販促手段として、信頼性のある、まだまだ効果のある広告手法と言えます。

また、新聞の購読者層は、主婦層や高齢者層が多い以外にも、新聞購読をしている世帯とそうでない世帯では、新聞購読をしている世帯の方が平均世帯年収が高いという特徴もあります。

商品やサービスによっては、新聞折込チラシの方がインターネットやその他の販促よりも、効率よくターゲットの元に届きやすい媒体といえます。

予算に応じて配布エリアや部数を選べる

折込チラシの配布エリアは、予算やエリアによって選定が可能です。
これにより、地域ごとの特性を見ながら、戦略的な販促が可能になります。

折込エリアの選定には、消費者の生活導線を考慮してエリア選定をすることが重要にます。折込エリアの選定は、チラシの反響に大きく影響するため、しっかりと戦略を立ててエリアを決めましょう。

店舗を中心に、○km圏内に折り込みするという風に決めるケースもありますが、このようなエリアの選定の仕方は一概に良いとは言えません。

実際の生活導線を考慮すると、たとえば、折込エリアを決める際、店舗の周辺に川が含まれていたり、店舗付近に大通りを挟んでいるような場合、その隔たりを境に、ほとんど生活圏が違うといったこともある為、エリアを選定する場合は、店舗周辺やその地域の生活導線に合った折込エリアを選定する必要があります。

新聞折込チラシのデメリット

折込チラシのデメリットには以下のようなものがあげられます。

ターゲットの年齢層は絞れない

折込チラシは、新聞購読者の方に届けられるため、ターゲットの年齢層を絞ることが出来ません。

ポスティングや雑誌広告、テレビなどの媒体も同様に、チラシの内容でどうターゲットに“気づいてもらうか”ということが重要になります。

効果が持続しにくい

折込チラシの効果は、持続しにくいというデメリットがあります。

折込チラシのメリットには、即効性があることを上げましたが、その反面で、折込チラシの販促では、一時的に集客につながりやすいですが、興味が持続しにくいとうデメリットがあります。

基本的に、折込チラシは “売ることを目的”に折り込まれているため、その商品を買うという目的が無い限り、そのままチラシを捨ててしまうケースや、一回の折込では、見逃してしまう可能性があります。

※折込チラシは継続的にすることで、認知度が上がり効果が上がりやすくなるという結果が出ています。

掲載できる情報量に限界がある

折込チラシには、様々な紙サイズがありますが、紙サイズによって、掲載できる情報に限りがあります。

情報量に合わせて、紙サイズを大きくすることもできますが、それでも、掲載できる情報量には限界があります。

掲載したい情報が多い場合、文字サイズやレイアウトを調節することで、情報を詰め込めこむこともできますが、チラシは、わかりやすく、読みやすく、メリハリをつけなければなければならないため、読み手のアクションに必要になる要素から掲載し、的確に伝えたい情報を掲載しましょう。

また、紙サイズを大きくする場合、紙サイズが大きくなるにつれて、印刷費やデザイン費も上がってしまう為、予算と情報量を考慮しながら紙サイズを決定します。

掲載する情報量に限りがある為、伝えなければならないことに優先順位をつけ、しっかり紙面を構成し、デザインすることが重要です。

最後に

折込チラシには上記のようなメリット・デメリットがありましたが、これらを踏まえて、折込チラシが効果的な販促かどうか、検討してみてはいかがでしょうか。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね!